イナヅマボドゲ

育児しながら妻と謎解きやボードゲームを楽しむブログです

【謎解き】金田一少年の事件簿R×takarush 電脳九龍城怨念遊戯殺人事件にひとりぼっちで突撃しました!

ども、らびまるです。

川崎ウェアハウスでやってる金田一少年の事件簿とタカラッシュのコラボの謎解きに一人で挑戦してきました! ネタバレなしで感想だけ書きたいと思います。

基本情報

  • 開催期間: 2018年11月2日〜2019年5月12日
  • 料金: 1500円(税込)
  • 開催場所: ウェアハウス川崎
  • 公式想定プレイ時間; 4.5h〜
  • 公式チャレンジパラメータ
    • 難易度  ★★★★★☆
    • 移動距離 ★★☆☆☆☆
    • ボリューム★★★★★★

詳細は公式HPへ!

blacklabel.takarush.jp

感想

久々のウェアハウス。この異世界感はいつ来てもワクワクします!

難易度が高め&ぼっち参加なので本当に解けるか心配でしたが、なんとかヒントなしでクリア!

かなり急ぎで解いて約3時間半でした。

少し悩むけどドン詰まりしない絶妙な難易度!

ボリュームたっぷり!

話のテーマとウェアハウスの雰囲気がマッチしていて没入感高し!

これで1500円!

コスパ最強大満足です!

エノシマトレジャーは「これでもか!」というくらい歩かされましたが、こちらは「これでもか!」というくらい謎解きを楽しめます。

rabbimaru.hatenablog.com

文章を読む作業が少し多いですが、没入感が高く場面が想像しやすいのでスラスラ読めました。

推理要素の難易度が心配でしたが、金田一くんと明智さんがちゃんと導いてくれるので、推理苦手な人も安心して大丈夫です。

途中テンションが上がる瞬間がありその感動を誰かと共有したかったのですが、ぼっちなので真顔で感動を噛み締めました…。

そういう意味では複数人で参加する方が楽しいかもしれませんが、ぼっち参加でもめちゃくちゃ楽しめたので安心してソロで突撃しましょう!

むしろ文章を読む作業多めなのでソロの方がやりやすいかも?

評価

満足度:★★★★★(MAX)

1500円でこのボリューム!雰囲気最高!難易度もちょうど良く大満足! GW後までやっているので是非行ってみてください!オススメです!

ちなみに本編に関連する持ち帰り謎が1200円で売ってたので買っちゃいました!

こっちも楽しみ!

【謎解き感想】エノシマトレジャー 2019 子連れ & ソロ で行ってきました!

ども、らびまるです。

2019/2/9から2019/3/31まで神奈川県の藤沢市で開催している「エノシマトレジャー ウケツガレシ リュウノチカラ」に挑戦してきました!

全部で「アルクスコース」「ユランコース」「ライシェコース」の3コースあり、休日に2歳の子連れで昼から行ったら1コースしかできなかったので、後日平日に残り2コースを回りました。

ネタバレなしで雰囲気や感想だけお伝えしたいと思います。

 

イベント概要

  • 開催期間:2月9日(土)~3月31日(日)
  • 料金:無料
  • コース:江の島エリア(蒼竜アルクスコース、紅竜ユランコース)、善行エリア(翠竜ライシェコース)

詳しくは公式HPへ!

エノシマトレジャー ウケツガレシ リュウノチカラ|神奈川県|リアル宝探し・謎解きならタカラッシュ!

 

江の島エリア「アルクスコース」感想

公式情報

難易度:★★☆☆☆☆

ボリューム:★★★☆☆☆

所要時間:2時間程度

 

土曜日に妻と娘(2歳)と義理の母の4人で行きました!

だいたい13:30くらいに片瀬江ノ島駅に到着。ちょうど江の島で春祭りが開催されていたこともあり、とにかく人が多い!

f:id:rabbimaru:20190315193245j:image

さらに子供の歩行ペースに合わせて歩いたので、江の島島内の謎解きスタート地点に到着したのがだいたい14:00くらい。30分近くかかりました…。

宝物の発見報告リミットの17:00まで残り3時間しかなかったので、4時間以上かかる上級のユランコースは諦めて、2時間程度で終わる中級のアルクスコースに挑戦することにしました。

江の島に行ったことがある人はわかると思いますが、とにかく階段が多いです。ベビーカーは意味を成しません。2歳の娘も最初は頑張って自力で上っていましたが、途中でだっこせがみマンになってしまったので、そこからは抱っこ紐に入れて謎解きを続行しました。

抱っこ紐があるとはいえ、10数キロのおもりを抱えながらの階段の上り下りはなかなか足にきます。足の筋肉にはそれなりに自信があるのですが、それでも辛かったので、普段鍛えていない人は階段の辛さで謎解きを諦めるレベルだと思います。

ちなみに義理の母は途中で階段が辛くなってギブアップしました。

途中詰まることなく解き進めましたが、発見報告完了時点で17時ギリギリでした。公式では2時間程度と書かれていますが、子連れ+休日で人が多い+昼食を食べる+オムツ替えという要素が絡んだ結果、抱っこ紐ブーストしても3時間くらいかかりました。

 

満足度:★★★☆☆

運動した度:★★★★★

 

昨年のエノシマトレジャーも挑戦しましたが、アルクスコースですら昨年よりも歩かされたような気がします。かなりの運動になるので、その日はぐっすり眠れます(笑)

義理の母は謎解きイベント初体験でしたが、後半の謎はかなり悩んでいたようなので、大人でも謎解き初心者にはちょうど良い難易度かもしれません。謎解きに慣れている人には少し物足りない難易度だと思います。

周りで発見報告時間に間に合わなかった人を多数見たので、休日だと3時間くらい見といたほうがいいかもしれません。ちなみに物語の進行度合いがちょくちょく提示されますがあまりあてにしないほうがいいです。

そうそう、途中で食べたtorico‐enoshima‐のせせりのからあげが美味でした。江の島に行ったら是非!

f:id:rabbimaru:20190315193639j:image

 

江の島エリア「ユランコース」感想

公式情報

難易度:★★★★☆☆

ボリューム:★★★★★☆

所要時間:4時間以上

 

アルクスコースでは物足りなく、ユランコースができなかったことが心残りだったので、平日に休みをとって朝からソロでユランコースに挑戦しました!9:00に片瀬江ノ島駅到着。土曜と打って変わってガラガラ!

f:id:rabbimaru:20190315193438j:image

10分ほどで江の島のスタート地点に到着!

ちなみに9:00だとお店がほとんど空いておらず、人も少ないので、江の島を独り占めしているような感覚になってワクワクします。

そこから景色を楽しみながらどんどん謎解きを進めていき、発見報告したのが11:55。

公式には4時間以上と書かれていますが、大人の足で、特に謎にも詰まらず進めて2時間45分くらいでした。

 

満足度:★★★★☆

運動した度:★★★★★+★★(限界突破!)

 

朝早いと周りにほとんど謎解きをしている人がいないので、のびのびと謎解きをすることができました。こういう謎解きイベントでは人が群がっているのが見えると、「あのへんにヒントがあるんだな」とわかってしまうことが多いですが、そういうのが一切なく楽しめました。また朝の閑散とした江の島の雰囲気も独り占めできて最高でした。

謎解き自体はアルクスコースよりは難しいですが、難易度はそんなに高くないです。それよりもとにかく移動が多いです。アルクスコースでもかなり歩きましたが、その倍くらい歩いたと思います。休日の昼間だったら、公式のとおり4時間以上かかっていたと思います。小さな子連れならユランコースよりもアルクスコースがおすすめです。子供をだっこしてこの距離を歩くのは辛いと思います。

行くなら早起きして朝から行くことを強くオススメします!謎解きの快適度合いが段違いです!

らびまるはアルクスコースとユランコース別々に挑戦しましたが、両方同時に挑戦もできそうだと思いました。内容がごちゃ混ぜになってちょっと混乱するかもしれませんが、時短で2つ同時にやるのもありだと思います。

 

善行エリア「ライシェコース」感想

公式情報

難易度:★★☆☆☆☆

ボリューム:★★☆☆☆☆

所要時間:2時間程度

 

ユランコースが午前中に終わって時間が余ったので善行エリアのライシェコースにも挑戦してみました!こちらのコースは初級です。

善行駅に12:15くらいに到着して早速謎解き開始!…と行きたいところですがお腹が空いたので昼食タイム。エノシマトレジャーの冊子を見せると善行界隈のお店でサービスしてくれると書いてあったので、「鶴見家善行店」でラーメンを食べました。

 

f:id:rabbimaru:20190315195436j:image

ラーメン680円+のり増し50円+小ライス50円+エノシマトレジャー冊子サービスの煮卵

 

うまい!

他にも色んなお店でエノシマトレジャーのサービスをやってました。パン屋さんおいしそうだったなぁ…。

 

腹も満たされたので謎解き再開!

さっさと終わらせようと思ったら、想像を超える坂地獄!

あまり詳しく言えませんが、途中ミスって道を行ったり来たりしたので、すでにユランコースで消耗している足には辛かったです。

結局宝を見つけたのは14:00頃。ただ、終わってから発見報告が土日祝しか対応してないことに気付きそのまま帰宅しました。他にやってる人を見かけなかったのはそういうことだったんですね…。

 

満足度:★★☆☆☆

運動した度:★★★★☆

 

謎解きはちょっと不親切かなと思う部分もありましたが、それなりに楽しめました。ボリュームは少なめです。

こちらも謎解きというよりかは歩きがメイン。ユランコースの後の坂地獄はかなり辛かったです。それなりに歩かされる割には、住宅街なので景色も普通で、歩く楽しみがあまりありませんでした。坂道なので子連れベビーカーでも行けなくはないと思いますが、あまりおすすめはできません。

エノシマトレジャーとコラボして、色んな店でサービスをやっていたのは良かったですね。

 

結論

どうせ行くなら江の島を独り占めできるような感覚になれる朝早くからがオススメ!

江の島エリアは小さい子連れはベビーカーは無理、抱っこ紐推奨。

謎解きを満喫するならユランコース!時間がない人、謎解き初心者、子連れ、江の島を一通り満喫したいだけの人はアルクスコース。

ユランコース、アルクスコース同時もできなくはないと思う。

時間は公式の時間よりも長めに見積もった方がいい。

江の島エリアだけで満足できると思うが、時間と体力が余っていてかつ遊び足りない人は善行エリアへ。どちらエリアも足への負担は大。ライシェコースだけやりにいくのはもったいないと思う。

善行エリアは平日でも謎解き自体はできるが発見報告はできない。

 

3月末までやっていてしかも無料なので、天気の良い日を狙っていってみてください!

来年のエノシマトレジャーも楽しみです!

【レビュー】『ペーパーテイルズ』ドラフトで手に入れたカードで隊列を組んで戦争、収入、建築、経年でポイントを稼げ!盛者必衰ボードゲーム!

ども、らびまるです。

今回は久々の個人的大ヒット!!!『ペーパーテイルズ 』を紹介します!

基本情報 

f:id:rabbimaru:20190302004706j:image

ゲーム名 ペーパーテイルズ / PAPER TALES 
対象年齢 12歳以上
プレイ人数 2〜5人
プレイ時間 30分

 

ざっくりルール説明

ドラフトでカードを5枚手に入れて、そのカードで隊列を組んで、戦争や建築やカードの能力でポイントを稼ぎます。これを4ラウンド繰り返して最もポイントの多い人が勝ちです。

カードにはコスト、戦闘力、能力が書かれています。

f:id:rabbimaru:20190302002338j:image

能力には「資源の生産」「金の獲得」「勝利点の獲得」「戦闘力の増減」「経年の増減」等がありますが、カードの種類が多すぎるので割愛。

ドラフトで手に入れた5枚のカードで隊列を組みます。隊列は前衛と後衛に分かれていて、それぞれ2枚ずつ配置できます。

f:id:rabbimaru:20190302002438j:image

カードを配置するときは伏せて配置します。また配置にはコストを支払う必要があります。初期資金として全員3金もらえるので第1ラウンドからコスト3までは配置可能です。余ったカードは1枚だけ次のラウンドに持ち越せます。残りは捨て札にします。

全員が隊列を組んだら両隣のプレイヤーと戦争が始まります。戦争では両隣それぞれのプレイヤーと前衛カードの戦闘力の合計値を比較します。同点以上の場合勝利となります。勝利する毎に3ポイント貰えます。つまり両隣に勝つと6ポイントもらえます。

戦争が終わると収入フェイズに移ります。収入では全員2金獲得できます。その他、カードや建物の効果でお金を得ることもあります。

生産が終わると建築フェイズです。建築では、資源や金を払って建物を1軒だけ建築またはアップグレード(レベルを1から2に上げる)することができます。建物は5種類あり、それぞれ異なる強力な能力を持っています。また建物にはレベルが2段階あり、一度にレベル1とレベル2の両方のコストを払えるなら一気にレベル2の建物を建ててもOKです。1軒でもレベル2の建物を建築すると、次のラウンドから前衛に追加で1枚(合計3枚)カードが配置できるようになります。強い!

f:id:rabbimaru:20190302013532g:image

ただし2軒目以降の建物の建築は土地コストが発生し、これまで建築した建物1軒につき2金支払う必要があります。

建築が終わると経年処理を行います。自分の配置しているカードでまだ経年カウンターが置かれていない全てのカードに経年カウンターを置きます。

f:id:rabbimaru:20190302025821j:image

すでに経年カウンターが置かれているカードは死にます。つまり、どんなに強いカードも2ラウンドで死にます。ただし、経年で死ぬ時に強力な効果を発動するカードもあり、経年を駆使してポイントを稼ぐこともできます。この経年が悩ましくて面白いです。

経年処理が終わったらまたドラフト→配置→戦争→収入→建築→経年…を繰り返します。

 

感想

店員さんに猛烈にオススメされ、二人からできるとのことだったので購入!妻と二人で遊んでみました。

二人プレイだと少しルールが変わるのですが、だいたい一緒なので割愛。

ルールを読んでもゲームの全貌が見えず、とりあえずやってみることに。

1ラウンド目のドラフト中は何をしたらいいのかサッパリ分からず、「これ本当に面白いのかな…」と不安になりました…が、ドラフトを終えて隊列を考えている時に「あ、コレ面白いやつだ」と衝撃が走りました。この衝撃は初めてドミニオンをやった時以来です。

似たゲームとして挙げられる「世界の七不思議 / 7Wonders」は何回やっても面白さに気付けず手放してしまいましたが、ペーパーテイルズは面白いと感じました!

確かに似ている部分もありますが、ポイントの獲得方法が比較的わかりやすいのと、ドラフトして終了ではなく、そこから手に入れたカードで隊列を組む自由度があって、たった4、5枚なのにトレーディングカードゲームのデッキを組むような楽しさが毎ラウンド味わえるところが面白く気に入りました!

1ゲーム目は妻の圧倒的な戦闘力で戦争には負けまくりましたが、鉱山で地道にポイントを稼いで僅差でらびまるが勝利しました。その後の感想戦が異様に盛り上がり、その時点で深夜12時を過ぎてましたがそのままの勢いで2戦目に突入!次は1ゲーム目以上に戦争でボコボコにされて妻が勝利しました。その時点で夜中の1時。とりあえず布団に入りましたが、寝ながらしばらく感想戦が続き、ハイになって寝付けませんでした。

f:id:rabbimaru:20190302033912g:image

 

評価

2人プレイ時

★★★★★★★★☆☆(8/10)

2人プレイ専用じゃないのに面白いです!気持ちとしては★10つけたいですが、もう少し遊んで判断したいと思います。BoardGameGeek でベストとされている4人プレイが楽しみです!

世界の七不思議 / 7Wonders」が合わなかった人もこれは楽しめるかもしれないので一度やってみてほしいです。

あまりにも面白かったので拡張もポチっちゃいました。拡張の方も遊んだらレビューしたいと思います!

【レビュー】『オバケだぞ〜』子供向けだけど大人でも盛り上がる!自分のコマがどれか分からなくなるすごろくゲーム

ども、らびまるです。

今回は、こども向けだけど実は大人同士の方が盛り上がりそうな『オバケだぞ~』を紹介します!

基本情報 

f:id:rabbimaru:20190221232525j:image

ゲーム名 オバケだぞ~/Geistertreppe
対象年齢 4歳以上
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 15分

ざっくりルール説明

自分の色を決めてゲームスタート!自分の色を表す木のディスクを自分の前に置いておきます。

さいころを振って出た目の数だけコマを進め、最初に階段の上に着いたら勝ちです。

f:id:rabbimaru:20190221235307g:image

言ってしまえばすごろくですが、特徴的なのがこのおばけの目。

f:id:rabbimaru:20190221235356j:image

これが出ると任意のコマをおばけ化します(おばけのコマを被せると磁石でくっつくようになってます)。

f:id:rabbimaru:20190222000632g:image

全部のコマがおばけ化した状態でおばけの目が出ると、任意の2つコマを交換することができます。

f:id:rabbimaru:20190222001757g:image

上級者向けに、おばけの目がでたら、コマを交換する代わりに自分の色を表すディスクを他人と交換しても良いというルールもあります。

f:id:rabbimaru:20190222002748g:image

感想

ゲームとして

妻と二人で通常ルールで遊んでみました。

4つくらい余裕で覚えられるっしょ!とスタートしましたが、ボーッとしてると自分のコマが分からなくなり、最終的に違うコマをゴールさせてしまいました。

たった4つも覚えられないなんてどうかしてると思うかもしれませんが、コマを交換する時にフェイントをかけたり、超高速に交換したり、あえて意味のない交換をしたりしてると訳がわからなくなって意外と覚えられないです。

感想としては、文句なしに面白い!妻もかなり気に入ったみたいです。大人同士で酒を飲みながらワイワイやってみたいですね。子供向けのゲーム大賞を受賞したゲームらしいのですが、記憶力低下気味の大人の方が盛り上がるかもしれません。

上級者ルールだとゲーム展開がよりカオスになって面白そうです(笑)

コンポーネントも良くできていて、おばけのコマはずっと触りたくなるような魅力があります。

娘(2歳)のおもちゃとして

人間コマの頭についている磁石をくっつけて遊んでいました。(新版だとおばけの中が磁石で人間コマはただの金属になっているらしくこの遊びはできないらしいです)

f:id:rabbimaru:20190222003416j:image

娘とどこまでゲームができるか試してみようと思い、娘にさいころを振らせたら2が出たので「2が出たからこうやって、1、2、って進めるんだよ」と教えたら、娘が「いっちに、いっちに」とコマを行進させてそのまま1ターンでゴールしました。

f:id:rabbimaru:20190222015309g:image

娘とちゃんと遊べるようになるのはまだ先のようです。

評価

2人プレイ時

★★★★★★★☆☆☆(7/10)

大人2人で遊んでもかなり面白かったです!4人で遊ぶともっと面白くなりそう。上級ルールもやってみたいですね。

【レビュー】『ドブルキッズ』定番ゲームのキッズ版!2枚のカードに共通して描かれている動物を見つけるボードゲーム

ども、らびまるです。

今回はあの定番ゲーム『ドブル』のキッズ版、ドブルキッズを紹介します。

基本情報 

f:id:rabbimaru:20190212001207j:image

ゲーム名 ドブルキッズ
対象年齢 4歳以上
プレイ人数 2〜5人
プレイ時間 5分くらい

 

ざっくりルール説明

説明書には5種類の遊び方が記載されていますが、基本的な遊び方は一緒。

2枚のカードを比較すると、描かれている動物の内必ず1匹だけ共通の動物が存在するので、それを先に見つけるというゲームです。

f:id:rabbimaru:20190212004257g:image

感想

2歳の娘と二人で遊んでみました。

丸いカードが特徴的で娘もすぐに食いつきました。

さすがにまだ難しいかなーと思いつつも始めましたが、カードを2枚並べて「一緒の動物どれ?」と聞くと、「これ!」とちゃんと指を指して答えられました。

「これは行ける!」と思い調子に乗って連続で問題を出したら、さすがに5〜6枚目で飽きて、最後は丸いカードで一発ギャグを披露し始めました。

f:id:rabbimaru:20190212000849g:image

…まだ遊ぶにはちょっと早かったみたいですが、もう少し成長するとちゃんと遊べるようになりそうです。

知らない動物が出てきたら名前も教えられるので、教育にも良さそうですね!

カンカンの箱は丈夫なのですが、カードは薄いので、物の扱いに慣れてない子供だとすぐ折れちゃうかもしれないので注意が必要です。(我が家のカードは何枚か折れて2D→3Dになりました)

評価

子供2歳時点

★★★★★★☆☆☆☆(6/10)

まだゲームとして成り立っていませんが、子供とのコミュニケーションツールとしては良いです。子供の持ちギャグも増えます(笑)

もう少し娘が成長してちゃんと遊べるようになったら再評価したいと思います。

【レビュー】『メイク&ブレイク(メイクンブレイク)』子供の積み木遊びやおままごとにも使えちゃう!?時間内に図の通りに積み木を組みまくるボードゲーム

ども、らびまるです。

今回は子供も大好き積み木ゲーム、メイク&ブレイク(メイクアンドブレイク、メイクンブレイクと表記されることもあって統一してほしい…)を紹介します。

基本情報 

f:id:rabbimaru:20190204020050j:image

ゲーム名

メイク&ブレイク(メイクアンドブレイク、メイクンブレイク、Make'N'Break)

対象年齢 8歳〜99歳
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 30分

ざっくりルール説明

サイコロを振って出た目に応じてタイマーを設定し、タイマーが動いている間にできるだけ多く、カードに描かれている通りに10個のカラフルな積み木組みます。組むことができたカードに書かれている点数の合計が最も多いプレイヤーが勝利!

f:id:rabbimaru:20190204015147g:image

全部で4回ずつプレイするそうですが、回数は様子を見ながら調整すればいいと思います。

ゲーム感想

妻と二人で遊んでみました。ルール確認時点では子供向けかなーと思いましたが、いざ始まると大人同士でも夢中に熱くなれる魅力がありました!大人になってすっかり忘れていた積み木を積み上げる楽しさをシンプルに味わえます。

中には一見簡単そうに見えて、単純に積み上げるだけだと崩れるけど、さらに上に積み木を置くことで絶妙なバランスで安定する難易度高めのカードもあって、それが組めたときは達成感があります!

f:id:rabbimaru:20190204020120j:image

例えばこの緑の積み木を安定させるのとか地味に難しいんですよね。ゆっくりやればできますが、時間制限で焦ってるとすぐに崩壊します。

最近はそれでも物足りなくなってきたので、スーパーマリオブラザーズ2みたいな『超!頑張ったらギリギリクリアできる』くらいの高難易度カードが欲しくなっちゃいます。(自作するか…!?)

子供のおもちゃとしての感想

そもそもが積み木なので子供のおもちゃとしても大活躍です!娘は0歳の時から遊んでます。カラフルなので色を覚えるのにもいいですね。

注意点としては積み木以外は子供の手の届かないところに置きましょう!!

娘が0歳の時、積み木で遊ばせている間よそ見をしてたら急に静かになったのでパッと娘の方を向くと、娘の口の中にパンパンに得点チップが詰まっていたことがありました。

f:id:rabbimaru:20190131004631g:plain

急いで口の中から取り出しました。かなりの冷や汗もんでしたが、喉に詰まることもなく無事で本当によかったです。ただ、何度数えても1点チップが1枚足りず、1枚は娘のお腹の中へと消えていき、二度と(得点チップという形で)戻ってくることはありませんでした…。

ちなみに箱が閉まっているからって油断したらダメです!0歳でも余裕で上箱開けて得点チップモグモグします!

それから2年が経ち、今はおままごとセットして遊ばれています。得点チップでできたスパゲッティをよく作ってくれます。得点チップを食べる側から料理する側に成長して父ちゃんは嬉しいです。

評価

ゲームとして(対大人)

★★★★★★☆☆☆☆(6/10)

長時間遊ぶゲームではありませんが、遊んでいる間は夢中で盛り上がれます!早く娘とも遊んでみたいです。

子供のおもちゃとして

★★★★★★★★☆☆(8/10)

カラフルな積み木としても遊べます!成長するとおままごとセットに早変わり。ポップなデザインのキッチンタイマーもついてます(笑)

f:id:rabbimaru:20190204020105j:image

【レビュー】『FASTRACK(ファストトラック)』2歳の子供とも対等?に遊べるエアホッケー的なアクションボードゲーム

ども、らびまるです。

今回は2歳の子供ともガチでやり合えるボードゲーム、FASTRACK「ファストトラック」を紹介します。

基本情報 

f:id:rabbiel:20190124002003j:plain

ゲーム名 FASTRACK(ファストラック)
対象年齢 5歳〜
プレイ人数 2人
プレイ時間 10分

ざっくりルール説明

木でできたディスクを5枚ずつ持った状態でスタートし、木のディスクをゴムで引っ張って弾き出し狭い穴を通して相手の陣地に送り込みます。

f:id:rabbimaru:20190129224301g:image

先に全部のディスクを相手の陣地に送り込んだら勝ちです。見たまんまの超シンプルなルール!

感想

ルールが瞬時に理解できてしかも面白い!エアホッケー好きな人は多分好き。

そして2歳の娘と本気で対戦できる唯一のゲームです!

対象年齢は5歳からとなっていますが、2歳の娘でもディスクの弾き方を教えたらできるようになりました。

そして娘のディスクの弾き方が独特なのか、ディスクが浮かんでボード外に対戦相手めがけて飛んでいきます。

ディスクは場外になるとそのゲームから取り除かれます。さらにディスクを対戦相手にぶつけることで物理ダメージも与えられます。娘強し…

 

娘は単純に弾くのが楽しいみたいでルール関係なしに弾き合って遊んでいますが、それだけでも楽しい!

娘も相当気に入ったようで、暇になるとFASTRACK(ファストラック)の箱を指差して「はじくのやる?」と誘ってきます。ヘビーローテーションです。

ボードやディスクが木でできていて豪華なのに、価格もそんなに高くないところが嬉しいですね。木が「コンコン!」とぶつかり合う音が心地いいです。

もちろん大人同士でやっても超白熱するとても良いゲームです。1ゲームも短いので時間調整にも使えます!

評価

★★★★★★★★★☆(9/10)

幼児から大人まで対等に楽しめるゲームは珍しいのでおすすめです!